イントラレーシックとZレーシック

イントラレーシックとイントラレーシック

イントラレーザーを使ってフラップを作るレーシックを一般にイントラレーシックと呼んでいます。

 

一方で、別のメーカーのフェムトセカンドレーザーもあり、その中でジーマー社のフェムトLDVというものもあります。
このLDVを使うものを、Zレーシックと呼んでいます。

 

エキシマレーザーは、エイエムオー社のVISXというものが良く使われていたようですが、他のメーカーのものもあります。その中に、品川近視クリニックの主流のアマリスという製品があります。

 

イントラレーシックのメリットとしては、まず回復が早いということが挙げられます。レーシックの際にフラップが生成される薄膜には、実は再生能力がありません。

 

普通、怪我などで皮膚が傷ついても自然にふさがって治っていきますよね。この治癒力が眼球の表面にはないんです。このため、強い衝撃を受けるとフラップがずれてしまったりといったトラブルが起きることがあったんです。

 

ですがイントラレースならフラップも最小限にとどめられていますので、ずれる可能性がぐっと低くなるんです。再生しないとはいえ、ある程度膜が定着することはありますから、ずれることをあまり心配しなくてもよくなったということですね。


福岡のレーシッククリニックを紹介するサイト。レーシック手術の基本的な疑問にも答えます。安くておすすめなクリニックは?

Copyright (C) 2009 レーシック福岡@安いクリニックはココ! All Rights Reserved.

イントラレーシックとイントラレーシック