レーシック福岡@安いクリニックはココ!

レーシック後に角膜フラップがずれることは?

ラゼックなどのように追々なくなっていくフラップならなくなったあとはさほど気にせずとも良くなりますが、イントラレーシックなどの場合は術後1ヶ 月程度してフラップが安定したあとでも、フラップ自体はなくなったわけではないので強い衝撃などが加わると良くないことは言うまでもありません。

 

角膜上皮のみでフラップを作るタイプのレーシックは、のちに激しい運動をする予定がある人や角膜が薄い人に向いていますが、イントラレーシックなどに比べて痛みがあります。
それに目の表面をかなりしっかりと保護しておかなくてはいけないので、保護用コンタクトレンズを一時的につけたりする必要もあります。

 

イントラレーシックの場合でも保護用コンタクトレンズなどは不要とはいえ、術後一ヶ月程度は様々な行動制限がかかります。
これらはすべてフラップが安定するまで、極力目の安全・安静を保つためのものです。

 

この期間を過ぎても完全になんの心配もなくなるというわけではありませんから、目を労わることは常に大切です。
フラップがズレにくい術式を予め選ぶということも大切になってくるかもしれません。

 

たとえばイントラレーシックはケラトームレーシックよりもフラップは強く、安定します。

 

ラゼックやエピレーシックはフラップそのものがなくなるまでは特に注意が必要ですが、なくなった後はフラップがズレる危険性そのものがなくなるため、一定期間しっかりと安静にできるのであればこの方が良いのかもしれませんね。

 

格闘家や、その他スポーツ選手にはラゼックやエピレーシックが好まれています。
それはイントラレーシックなどでは、フラップがある以上安定したからと言っていつズレてしまうかわからない危険とは常に隣りあわせだからでしょう。


福岡のレーシッククリニックを紹介するサイト。レーシック手術の基本的な疑問にも答えます。安くておすすめなクリニックは?

Copyright (C) 2009 レーシック福岡@安いクリニックはココ! All Rights Reserved.

レーシック後に角膜フラップがずれることは?